東京都中央区の弁護士|金井法律事務所
HOME>弁護士紹介

金井重彦の経歴

学歴
昭和51年 立教大学法学部法学科卒業
昭和57年 立教大学大学院法学研究科博士課程前期課程修了
(立教大学法学修士)
平成14年 成城大学大学院法学研究科博士課程後期課程単位満了退学
資格取得
昭和56年 司法試験合格
自昭和57年
至昭和59年
最高裁判所司法研究所入所(第36期修習生・東京修習)
司法修習修了(辯護士)
職歴
昭和59年4月4日 辯護士名登録( 登録番号18965号)東京辯護士会入会
柳瀬法律事務所勤務辯護士(一般訴訟のほかキャラクター、映画製作契約書など作成)
昭和61年 大和証券入社 企業提携部に所属
昭和63年 金井法律事務所を開設(東京都港区元麻布)
平成4年 東京都港区六本木に事務所移転
辨理士登録(辨理士会 登録番号10217号)
平成8年 立教大学法学部非常勤講師(法実務実習 平成16年3月まで)
平成9年 静岡産業大学非常勤講師(知的財産法)(平成12年まで)
平成12年 立教大学大学院法学研究科非常勤講師(法実務演習)(平成16年3月迄)
平成17年 琉球大学大学院法務研究科法務専攻(法科大学院)
非常勤講師(「知的財産法」 「著作権とIT」)(平成19年11月まで)
平成19年 筑波大学法科大学院ビジネス科学研究科(法科大学院)非常勤講師(著作権法)(平成19年11月迄)
平成21年 東京都中央区築地の現在地に事務所移転
平成21年 日本大学法学部教授(知的財産権法)
平成22年 日本大学大学院知的財産研究科教授
東京辯護士会関係経歴
平成5年 東京辯護士会図書館委員会副委員長(平成6年3月迄)
平成6年 東京辯護士会綱紀委員会委員(平成7年3月迄)
平成7年 東京辯護士会常議員(平成8年3月迄)
財団法人東京辯護士会育英財団評議委員
平成18年 東京辯護士会知的財産法部 部長(平成20年3月末日まで)
日本辯護士会連合会関係経歴
平成7年 日本辯護士連合会代議員(平成8年3月迄)
日本辯護士連合会知的所有権委員会委員(知的財産制度委員会に名称変更して現在に至る)
平成10・11年度 日本辯護士連合会知的所有権委員会副委員長
平成15年 日本辯護士連合会知的財産制度委員会委員
同著作権小委員会委員長(平成18年3月まで)
日本辯護士会連合会 編集委員会委員
裁判所関係経歴
平成7年1月1日
至平成11年
東京簡易裁判所司法委員
平成14年4日(平成18年14月まで) 東京家庭裁判所員調停員
平成15年1月(平成18年4月まで) 東京家庭裁判所裁参与員
平成17年 東京家事調停協会 理事
平成18年4月( 平成20年9月迄) 東京家庭裁判所家事調停官
平成22年4月 東京地方裁判所民事調停委員
行政関係経歴
平成15年10月(現在に至る) 人権擁護委員(法務省)
平成16年7月 (平成18年2月まで) 文化庁文化審議会臨時委員(著作権分科会)
平成19年11月 法務省・平成20年度司法試験(新司法試験)考査委員
平成20年11月 法務省・平成21年度司法試験(新司法試験)考査委員
平成22年11月 法務省・平成21年度司法試験(新司法試験)考査委員
平成22年4月 不正競争防止法調査員(経済産業省)
公益
自平成10年3月26日
至平成13年3月31日
工業所有権者仲裁センター調停・仲裁人候補者
自平成13年4月1日
至現在
日本知的財産仲裁センター調停・仲裁人
日本弁理士会関係経歴
平成15年1月30日 日本辨理士会侵害訴訟代理研修講師(不正競争防止法)
平成16年1月30日 日本辨理士会侵害訴訟代理研修講師(不正競争防止法)
平成17年1月30日 日本辨理士会侵害訴訟代理研修講師(不正競争防止法)
賞罰
なし
所属団体
  • 東京辯護士会
  • 日本辯護士連合会
  • 日本辨理士会
問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。